• 3がつ21にち
    miltin_0321

    どっから出たのかこのコロ太?! と思ったら、先日のK太くんのお誕生日会でスーパーボール釣りをして、もらったみたいです。コイツがふとんのうす暗がりからこっち見てたときは、ほんっとにギョッとしました。それにしても、まだまだS志がコドモでホッとしました(とか言ってちゃいけないかな)。

  • 3がつ14にち
    miltin_0314

    S志は性格がパパと激似らしいのですが(義父談)、パパはいまだに私にとって謎の多い性格なので、ときどきS志とパパのノリがぜんぜんわかりません。まあ、通じ合ったスキンシップができたから、いいか。そんなわが家は、全員B型です(どうでもいい情報)。

  • 3がつ7にち
    miltin_0307

    どうやら、パパがドライヤーで乾かすたびに毛髪を気にしているのをちょいちょい目撃していたらしいです。でも、遺伝するらしいからなあ。がんばれS志、がんばれ毛根!

  • 2がつ28にち
    miltin_0228

    私は「野球休ませてもいいかなあ」という問題で頭がいっぱいだったのですが、まずはお祝いが大切でした。面倒くさがりのS志が「K太のかいてくれたポケモンに応えないと。目には目を歯には歯を!」などと言って2時間もかけてカード描いていたので(「目には目を〜」の使い方まちがってるが)、友情とは偉大ですね。

  • 2がつ21にち
    miltin_0221

    高学年になったら、まあ絶対あるだろうなあ、と思っていたこういう出来事。親としてはいろいろ心配ではあるけれど、こういうとき、いい友だちがいると、悲しかった日も、心強かったやさしい記憶として残るのかもしれないなって思いました。今度は友だちを助けられる自分になろう。雨降ったら、地固める根性でいく! K太くんとT郎くんにそんなことを教わったような気もします。

  • 2がつ14にち
    miltin_0214

    最初はたぶん、本気で心配してくれてたと御思うんですけど、そのうち、「今日は叱られなさそう」ということを見抜く本能がはたらいたのではないか!? いろんな意味で小4クオリティ……。そうそう、親知らず、私のはむずかしい形をしていて大変だったのですが、ふつうはそんなに痛くないそうですよ。

  • 2がつ7にち
    miltin_0207

    ずるいことも覚えてくる小学校高学年の子育てにこっちも試行錯誤で、たまにホントに腹が立ってしまうときもあるんです。そんなとき、カワイイものは、ふと空気をなおしてくれるものですねえ。あと、おいしいものも!

  • 1がつ31にち
    miltin_0131

    忘れん坊だったりサボりマンだったり、困ることもありますが、小学生男子はたまに本当にてらいなくやさしいことするときがあって、ちょっと尊敬してしまうのでした。……反抗期が来なければいいのにな〜(来ないと困るけど)。

  • 1がつ24にち
    miltin_0124

    「三つ子の魂百まで」。子どもから大人まで絵を教え続けている人が、「いろんな子が大人になるのをずっと見てきたけど、ほんとうに性格って変わらないよ」って言っていて、面白いな〜と思っていたんですが、いざ自分の息子のこういう姿を見ると「大丈夫か?」と一抹の不安を覚える親であります。

  • 1がつ17にち
    miltin_0117

    「天晴れ」という言葉がここで出てくるとは〜。しかし、親が見てないところでも、言われたことを守ろうとしているK太くんに、感心してしまいました。拝啓K太ママ……あなたの息子はがんばっています……かしこ。

ミルティンママことM子です。雑誌出版社に勤務後、フリーランスの編集者・ライター・イラストレーターとして活動。MILKJAPANのアートディレクター寄藤文平は兄。著書に『お母さん1年生 子どもが病気になったとき読む本』(山田真監修/大和書房刊)。本サイト内「ミルティンママのミルクブログ」から3年、牛乳大好き人間であるわが家のミルティンくんことS志とともに、帰ってきました。