• 1がつ21にち
    200121_miltin

    まるで不倫を迫られたおじさんかのような物言いにひとしきりジワジワ笑ったあと、ふと、まだまだ家族優先で考えてくれているS志に、ありがたいなあと思ったり。もうすぐきっと、家族と出かけたくないお年頃。ひとまず今を楽しもう!と思います。

  • 1がつ14にち
    200114_miltin

    初売りでプレイステーション4を買ってみたミルティン家。姉一家(S志のおじ・おば)と一緒に、人生初、オンラインでみんなでゲームをするという経験をしました。楽しい! 映像もきれいで、びっくりです。せっかくのお正月にゲームばかりはダメ!と口では言いつつ、ちょっとアリだな〜と思っちゃいました。

  • 1がつ7にち
    200107_miltin

    お正月は、私にとって、栄養やカロリーも忘れて、食べたいものを食べる幸せにひたるひとときであります。でも久しぶりにふつうの朝ごはんを食べて、やっぱりいつものごはんはいいなあと実感。ただ、毎朝工夫ゼロの同じメニューなので今年はバリエーション増やしたい。2020年の抱負はそれにします(小さすぎ)。

  • 12がつ24にち
    191217_miltin

    クリスマスイブですね。中学生はもはや「プレゼントくれ!」としか言いませんが、まだまだ家族と過ごすという選択肢しかないところは、かわいいです。Y希ちゃん、中1くらいって男子のアホさ加減にイライラするの、わかる気がするわ〜。でも、強い女子がキライじゃないところも、中1男子のいいところかも。と、S志の必死なフォローを見てて思ったのでした。

  • 12がつ17にち
    191217_miltin

    中学生になったり、部活始めたり、いろいろと濃かったはずの1年ですが、中学男子、思考回路がうすいんじゃ〜!(ノブ風) 隙あらば遊ぶことしか考えてない! まったく誰に似たんだ! 私も今年の一字、大みそかにじっくり考えたいと思います。

  • 12がつ10にち
    191210_miltin

    これ、確かに26歳くらいのイメージで止まってる気がするんです! 脳内の自分像。服の丈が年相応かとか、チェック柄はどこまでOKかとか(今ごろ?)気になってきて。そんな私に追い打ちを掛けるS志の素直すぎる一言……。小さいときは「ママ世界一かわいい」一辺倒だったけど、思春期、容赦ないわあー! まあ、好きなもの着つつ、いい年の重ね方、したいもんです。

  • 12がつ3にち
    191203_miltin

    この二人、まあ甥っ子もちょっと年齢より大人びたところがあるんですけど、会話だけ聞いてると完全に同い年の友だち同士って感じです。これがもう少しして、高校生と小学生、大学生と中学生とかになると関係性違ってきちゃうのかな。それも自然だけど、ずっとこんな風でいてほしいなあ〜と思った光景でした。

  • 11がつ26にち
    191126_miltin

    私が高校生のころ、シャツを常にパンツインしてる男子がいました。出したほうが絶対いいのにと言ったら(私服の高校だったので)、「僕はカッコ良くないほうが気分がいいのだ。これからも一生ダサくいたい」と答えられ、そんな人もいるのかと目から鱗だったのですが……。その生き方、実はカッコいいかも。

  • 11がつ19にち
    191119_miltin

    自分の両親はともに車通勤だったので、この「かさもって おむかえ」をすることはできず、憧れだったんですよねえ。まさか自分が、おむかえされるほうになるとは。しかもGPSで場所特定。でもやっぱりおむかえっていいな〜と思った出来事でした。

  • 11がつ12にち
    191112_miltin

    1話完結のこのドラマ、バーバちゃんと3人でハマり中。中でもこのバターライスの回はしみじみいい話で何度も見ちゃいます。ちなみにバターライスはS志曰く「朝じゃなくて夜に食べるもの」らしく、朝は同じドラマに出てきた「ねこまんま」(かつお節をかけたご飯)を食べるのが、S志の最近のこだわりです。

ミルティンママことM子です。雑誌出版社に勤務後、フリーランスの編集者・ライター・イラストレーターとして活動。MILKJAPANのアートディレクター寄藤文平は兄。著書に『お母さん1年生 子どもが病気になったとき読む本』(山田真監修/大和書房刊)。牛乳大好き人間であるわが家のミルティンくんことS志をはじめとした、ミルティン家の人々の日常を執筆中。