• 4がつ6にち
    210406_miltin

    家でも「嘘だろおい」ってことするので、学校でもやらかしてるはず。本人は「大丈夫だYO!」とか言ってますが、この“間”は、やはりー?! 今までは学校行事だったり遊びに行ったりして保護者同士で話せてましたが、コロナ禍でそれも難しくなりましたよね。そんなわけで間の意味をツッコめないまま今に至ります(戦慄)

  • 3がつ30にち
    210330_miltin

    ぼんやりタイプなのが良かったのか、なぜかかわいこちゃんたちがかわいがってくれましたね。本当にありがたかったですね。モテてましたね。キラめいてましたね。よかったですね。(すべて過去形) でも本人は今も昔も同じように平和そうです…笑

  • 3がつ23にち
    210323_miltin

    ギャン泣き幼児が鎮まったと思ったら、まさかパワーアップしてくるとは。「幼児に頭突きされて」って説明するのが恥ずかしくて病院行くのを我慢しましたが、1カ月鼻が痛かったです。幼児は、よけるな。それがこのお話の教訓ですかね(たぶん違う)……

  • 3がつ16にち
    210316_miltin

    命からがら着いた保育園でも「S志くん、なんでおイモ持ってるの?!」「それはですね……」「じゃがいもちゃんなの!いっしょにほいくえんきたの!」「お母さんすみませんけど、イモは持って帰ってもらって」「ええ、そうですよね」「だめえ!S志の!」てな感じで、ライフがゼロどころかマイナスとなった1日でした。しくしく。

  • 3がつ9にち
    210309_miltin

    小さい頃はめちゃくちゃ几帳面で集中タイプだったS志。大きくなったら良い面になると信じて、理不尽にも耐えてきたのに…。今や1ミリもそれ残ってないんですけど〜! いや1周まわって、大人になったらうまいこと出てくる説ある? (と、報われない希望だけがくり返されるのであった)

  • 3がつ2にち
    210302_miltin

    何を言ってもウザくなってしまい、ウザさをフォローしようとするとさらにウザくなるという無限ループ! どうしたらいいのでしょうか。私が知恵袋に質問したいくらいです…!!

  • 2がつ16にち
    210216_miltin

    この頃、温泉とか、子育てセンターとか、保育園とか、いたるところで叫んでましたねえ。(呼ばれてるご本人にはなんの問題もないのですが)説明が……とにかくしづらくって!! 変な汗かいてた思い出です。ちなみにうちにはピアノもないし、YOS○IKIさんで遊んだこともありません(当たり前)。

  • 2がつ9にち
    210209_miltin

    どんな人にも小さな頃はこういうお友だちっていますよね。クマちゃんはその後、人間のみならず、あるちゃん(飼っている猫)の子ねこ時代のお友だちにもされ、キック&パンチしまくられ、ちょっとぼろぼろになっています。でも、まだまだフワフワで元気です! 

  • 2がつ2にち
    210202_miltin

    反抗期の子の親ってウザい言動するように脳が働くんじゃ?って最近、思うんです。反抗期は人類の発展に必要だったと以前テレビで見たのですが(反抗する若者がいるから新しい土地を開拓し続けられた的な)、この私のウザさにも隠された意味があるのかなって。ええ。そう思ってるんですよ……。

  • 1がつ26にち
    210126_miltin

    最初につくったときはあまり乗り気じゃなかったS志ですが、「いま!動きたい!」というテンションのときにこのバターづくりをやると、全力でペットボトル振ってくれるし、疲れて夜はぐっすり寝てくれるしで一石二鳥でした。いや、このバターとってもおいしいので、一石三鳥です! これで私もがんばって筋トレがわりにしたら四鳥…なのですが…(フェイドアウト)
    レシピはこちら!

ミルティンママことM子です。雑誌出版社に勤務後、フリーランスの編集者・ライター・イラストレーターとして活動。MILKJAPANのアートディレクター寄藤文平は兄。著書に『お母さん1年生 子どもが病気になったとき読む本』(山田真監修/大和書房刊)。牛乳大好き人間であるわが家のミルティンくんことS志をはじめとした、ミルティン家の人々の日常を執筆中。